市販白髪染めの酸化染毛剤

市販白髪染めの酸化染毛剤って、髪の毛をいじめてしまうんじゃないかと心配になっている人もいますよね。実際に、市販の白髪染めをつかっていたら、髪の毛が傷んでしまったという人も少なくないようです。白髪染めを繰り返し使うとなぜ、髪の毛が傷んでしまうのでしょうか。それは、酸化染毛剤によるものです。これは、アルカリ剤が弱酸性の髪の毛のキューティクルを開いて、その中に染みこんで色をつけます。つまり、キューティクルが開いてしまうと、パサパサになる原因となり、髪の毛が傷んでしまうのです。


そこにドライヤーなどを当てると、さらに髪の毛が乾燥して、痛みを進めてしまいます。ドライヤーを使うときは、タオルの上から使うといいようです。酸化染毛タイプの毛染めは、使い続けると、切れ毛や枝毛になりやすく、ドライヤーの熱も髪の水分をどんどん奪っていってしまいます。また、肌の弱いひともかぶれたり、ヒリヒリしたりしますので、敏感肌やアレルギーの人は使わない方がよいでしょう。


どういう毛染めがおすすめかというと、自然成分100%か、配合が多いもので、ヘアマニュキュアタイプか、ヘアートリートメントタイプのものであれば、肌が弱い人や敏感肌の人でも安心して使えるようです。つまり、髪や頭髪に刺激をあたえず、自然に徐々に染めてくれるもので、髪の毛のキューティクルを傷めず染めていくものです。