傷まないヘアカラーの見分け方

白髪をそめるときに、もっとも気になるのは、髪の傷みだと思います。そこで、傷まないヘアカラーの見分け方をチェックしてみましょう。実際に使ったことがある人がすすめているカラーリングのひとつに、ヘナがあります。ヘナは使っていると、頭髪全体が自然にそまって、だんだん色がなじんでくるようです。また、白髪が伸びてきた場合でも、色がついているところとの境目が、くっきりとしてこないようです。もちろん、ヘアへのダメージも感じないし、髪の毛にハリやコシが出てくるそうです。色落ちもしにくいそうです。


デメリットとしては、すぐに染まらないので、徐々に染まるので、すぐに染めたい場合は、向かないですね。また、1回目では、色がはいらないので、あきらめないで、2回、3回と続けて使う必要があるようです。色は黄色っぽく染まって、徐々に、明るい茶色から焦げ茶色に変化していくようです。とにかく、根気が必要ですね。すぐに染まらないからといって、あきらめてしまうと、効果を感じる前に断念することになってしまいます。


続けて使っている人の意見としては、多少の不便はあったとしても、植物性100%という安心感で使っているようです。いろいろなものがありますが、成分がまざっていたりで、化学成分が多く入っている物もあって、そういうのはなかなか使いたくなかったそうです。香りも自然の成分なので、まったく違和感がなく、長く続けられるそうです。