刺激の強い食べ物と髪への影響

刺激の強い食べ物と髪への影響について、いろいろ言われていますよね。塩辛いものや、刺激物、動物性脂肪が多い食べ物は髪に良くないという話も聞いたことがあります。髪の毛によくないというのは、男性にだけでなく、女性にとっても同様です。なぜ、刺激の強い物がよくないのでしょうか?まず、塩辛いものは、塩分を多く撮りすぎると、高血圧になってしまって、腎機能の低下のおそれがあります。つまり、腎機能が低下すると血液の循環が悪くなります。髪の毛に良い効果では、新陳代謝がよいことが揚げられますので、この点で×、つまり、とりすぎなければいいと思います。


動物性脂肪はとりすぎると、頭皮にも皮脂がたまりやすくなり、毛穴がつまってしまうため、良くないようです。ですから、脂肪を分解する食物も同様にとって、毛穴をつまらない状態にしておくようにしましょう。それでは、刺激物はどうでしょうか。夏場などに刺激物を食べると、体が熱くなって汗をかいてしまう、そうすると、毛穴が詰まりやすくなるということから、刺激物はよくないと言われているようです。


つまり、血液の循環と毛穴がつまることが、髪によくない影響を与えますから、食べ過ぎなければ、とくに禁止するほどのことはないと思います。なぜなら、日本には和食がありますから、週に1回、こってり刺激な食べ物をたべたら、あとは、ヘルシー食に切り替えれて、血行をよくするような軽い運動やマッサージで充分補えると思います。

オススメリンク

育毛剤おすすめ体験紹介
育毛剤で一番効果あるおすすめ商品はどれ?口コミ人気商品を私が実際にお試しして写真付きで正直な感想・体験談を激辛公開中!「女性向けは効果なし」「2ch悪評は嘘?本当?真実が知りたい人はこちら。
www.ikumouzai-real-review.com/